医院紹介

院長あいさつ

歯科治療に大切なことは何だと思われますか?

院長あいさつ

皆様は、歯科医院を選ぶ際は何を基準にされていますか。最新鋭の設備ですか。それとも医師の経験年数でしょうか。
もちろんそれも大切なことでしょう。けれどもそれより大切なものは、「成功率の高い治療方法」と、それを「忠実に再現できる技術」なのです。
歯科医師とスィーツ作りのパティシエには共通点があります。一流のパティシエは良い材料・道具を使い、経験も豊か。しかし決して目分量で材料を計りません。1グラムまできっちりとレシピ通りに計るそうです。“レシピ通りに作れば、本当においしいお菓子ができる”そう確信しているからこそ、毎回レシピに従っているのでしょう。
そしてこれは歯科医師も同じです。私がインプラントを学んだ国スウェーデンでは、どんな治療をするにも根拠(エビデンス)が求められました。
決して目分量で計るかのような「カン」に頼った治療は行いません。こんな治療をすれば、どういう結果になるのか。多くの研究で確認して、治療法が確立されます。そして安全であることが立証された治療だけを行うのです。
歯科治療にはさまざまな医療機器を用います。しかし新しい機器を導入すれば治療が成功するわけではありません。それを安全に使いこなす知識と技量がより大切なのです。

エビデンス(根拠)が求められるスウェーデン

スウェーデン インプラント

私は医療先進国であるスウェーデンで学んだノウハウを、スタッフと共有しています。成功率の高い方法を忠実に再現することが、安全な治療を行う上でもっとも重要なこと。これは専門的な分野だけでなく、歯科のどの治療でも当てはまることだと私は確信しています。 当院は設備投資をしっかりと行い、新しいの器材を揃えるなど、設備面にも自信があります。しかし何よりも、それを使いこなすスタッフのレベル向上が当院にとって財産であり、誇りです。 治療にエビデンスに基づいた安全を求めておられる方にこそ、ぜひ当院にお越しいただきたいと思っております。

院長経歴

1960年 佐賀県で生まれる
1986年 東京歯科大学卒業
1989年 渡米、留学
1990年 古賀テクノガーデン歯科開業
1995年 医療法人玄同会設立、理事長に就任。
1997年 スウェーデン・ウプサラ大学口腔顎顔面外科大学院留学
(頭蓋顔面インプラント専攻 主任教授 Jan M Hirsch)
1998年 同大学院卒業後、帰国
1999年 ウプサラ大学口腔顎顔面外科より、(Certificate in Advanced Implantology)授与
2008年~現在に至る 新潟大学非常勤講師(口腔解剖学講座)
2009年 東京歯科大学大学院歯学研究科卒業(微生物学)歯学博士取得
2010年~2012年 神奈川歯科大学附属横浜クリニック非常勤講師(インプラント科)
2017年~2018年 長崎大学非常勤講師(口腔インプラント学講座)

講演・著書・論文はこちら

当院の4つの特徴

特徴1: エビデンス(証拠)に裏付けされた治療を採用

エビデンスに裏付けされた治療

インプラントという治療法が生まれた国スウェーデンでは、どんな治療をするにもエビデンス(根拠)が求められます。長年の経験からこうしたほうが良い、医師としての「カン」に頼る。そんな治療はありえません。
歯科治療は近年大きく技術が発展していることから、より安全で長持ちする治療を受けることができるようになりました。しかしどれだけ良い材料、新しい機器を取り揃えていたとしても、最も大切なのは安全性が確証されている方法で行うということ。そして、それを再現できる技術が必要なのです。
もちろん当院には、これらが揃っている自信があります。

特徴2: 精密治療に特化している

当院は数年間のマイクロスコープや高倍率ルーペ下での精密治療のトレーニングを経て、治療の大半を精密診療に進化させました。およそ8倍〜30倍の拡大視野の下での診療は、別次元の治療を可能にします。

そのために、各ドクターが使えるマイクロスコープを4台と高倍率ルーペを導入しました。ドイツ製のCarl Zeisを2台、Leicaを1台、米国のトップメーカーGlobalを1台という贅沢な手術用顕微鏡です。

それらを駆使して、肉眼では見えなかったレベルの精密診療を患者の皆様に提供できることをスタッフ全員とても誇りにそして嬉しく思っています。

特徴3: 安全な治療に対する意識を共有している

医療安全で最も恐ろしいことのひとつに、「院内感染」があります。虫歯や歯周病などの原因菌だけでなく、だ液の中には1ccに100万以上もの菌が潜んでいるのです。

もちろん治療には使い捨てのグローブをはじめ、さまざまな院内感染を予防する器材を用いていますが、何よりも重要なのはスタッフの安全に対する意識と知識ではないでしょうか。どんなに優れた滅菌器材を持っていても、無菌テクニックテクニックが不十分であったり注意を怠ると感染を引き起こすリスクが増大するものです。

当院は定期的にスタッフ全員で安全に関するミーティングを行います。一人ひとりが「感染させない」という高い意識を持つことによって、初めて感染リスクに対しても安全な治療ができるのです。

特徴4: 常に「学び続ける」姿勢をスタッフが持つ

インプラントを学ぶ

医療の進歩は目ざましいものです。現在効果的であると考えられている治療方法も、5年後にはさらに優れた治療法に変わっているかもしれません。しかしそのことに気づかず、ずっと自分の腕のみを頼りにしては、医療従事者としての成長はないのではないでしょうか。 当院のスタッフは皆勉強熱心。定期的に勉強会を開き、知識向上に努めています。より良い医療を患者さんに永続的に提供するため、私たちは学び続けることをやめません。

院内ギャラリー

当院は院内感染を防ぐ目的から、全てのスペースにゆとりを持たせています。オペ室・ラボ・低被爆歯科用CT・各種滅菌器など充実した設備を取り揃えているため、どのような症例の患者さんにも対応可能です。皆様が通いたくなる、快適でホテルライクな歯科医院を目指しております。

スタッフ

患者さんにとっては敷居が高い場所の歯科医院でも、我々はできる限りリラックスしてもらえるように努力しています。歯科はどうしても通ってもらう必要がある治療が必要です。ゆえに、スタッフたちの親身で患者さんたちに寄り添う態度が重要だと考えています。長く通ってくださる患者さん、長い間勤務しているスタッフも少なくないので、すっかり気心も知れて打ち解け、家族や趣味の話題などで盛り上がることもあります。

古賀テクノガーデンスタッフ

お問い合わせContact

まずはお気軽にご相談ください

受付時間
 
月〜金曜日 9:30 - 13:00 14:00 - 18:00
休診日:日曜・祝日